あつみ泰一事務所
〒434-0027 浜松市浜北区油一色132-1
TEL 053-585-1313
FAX 053-586-6155
すべての活動報告を表示  期間を指定して表示
「県立森林公園」の再整備を進めます
2016/01/13
県立森林公園は、県民が自然に親しみながら保健休養の場として利用し、また森林の効用と自然保護に対する理解を深めることを目的に昭和40年度に開園しました。平成2年?4年度には森の家や公園施設を整備、平成13年?15年度にはビジターセンターが整備されました。最初の整備から20年以上が経過し、施設の老朽化や松枯れ被害が進んだことから、本年度「再整備計画」を策定し、本年度から着手して平成30年度を目途に完了を目指します。事業費8億円程度見込みます。
次世代人材育成特別委員会
2014/12/18
 グローバル化や人口減少が本格化する中で、本県が持続的に発展して行くためには、海外に出て世界で活躍したり、地域に残って地域の活性化を牽引する人材や、本県の産業振興に寄与するような人材が求められている。
 こうした次世代を担う人材を育成するためには、「職業観・勤労意識の形成・向上」や「グローバル化への対応」に重点を置いた施策を展開していく必要がある。
 また、青少年が次世代を担う人材として成長することができるよう、自主性、倫理観、コミュニケーション能力等の基礎的な素養を身につけることができるよう、併せて取り組んでいく必要があります。
 次世代人材育成特別委員会では、こうした視点で調査研究し提言していきます。
看護師確保対策
2014/02/19
県議会「自民党看護を考える議員連盟」で、病院における看護の状況の調査のため、看護連盟役員、県職員とともに、「松田病院」、「浜松北病院」、「浜松市リハビリテーション病院」を訪問しました。
静岡県内の病院の多くは、医師、看護師の不足が続いており、県立がんセンターにおいても、看護師の確保ができないために、予定の病床数まで増床できない状況です。
そのため県では、看護協会等と連携して、看護師の働く環境の改善や潜在看護師の発掘等に取り組んでいます。また浜松医師会では、独自に準看護師の要請も行っています。
今回の視察では、看護現場で働く看護師さんの多くの生の声を通して、改めて看護現場の課題を明らかにすることができました。
今後は、看護師の養成・発掘・処遇改善など、患者の立場や病院経営などを総合的に検討する中で、看護師の確保対策に取り組んで行きます。
[1]・234
Copyright(c) 2013-2017 渥美泰一 All Rights Reserved.