あつみ泰一事務所
〒434-0027 浜松市浜北区油一色132-1
TEL 053-585-1313
FAX 053-586-6155
すべての活動報告を表示  期間を指定して表示
静岡県地方議会議長連絡協議会研修会
2014/01/21
 昨日、本年度第2回の研修会が、県下各市町議会の正副議長が出席して開かれました。
「つなげよう!学校と地域社会?子どもたちの未来を拓くために」のテーマでの講演会。
講師は藤原和弘氏 58歳。氏は東大経済学部卒業後、(株)リクルート入社。各部長、ヨーロッパ駐在、同社フェローなどを歴任。都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校長を5年間務められた。08年?11年、橋本大阪府知事の特別顧問に。
ご自分も認める「さだまさし」のそっくりさん。

 講演では、●20世紀の成長社会では、「みんな一緒」の考え方であり、情報処理能力が求められたが、21せいきの成熟社会では、「それぞれ一人一人」であり、情報編集能力(つなげる力)が求められる。前者は正解主義「正解」、後者は修正主義「納得解」、前者と後者の両方を備えた人を頭が良いという。
●子育ては修正主義でないといけない。
●親子、生徒と先生は「上下関係」。兄弟、叔父叔母、先輩後輩は「斜めの関係」で、コミュニケーションが育つには、斜めの関係が重要。だから放課後に、生徒と地域の人たちが交流すると良い。
 学力検査にも触れ、●問題用紙を配る際、先生がていねいに配ったり、解答用紙を見直すように指示するだけでも5?6点は上がる。生徒が個人の成績に関係しないから、真剣に取り組んでいないケースが多い。
 ●学力アップには
1.朝読書をしたら感想文を書く。ーー言語力が活発になる
2.漢字や計算は反復練習をする。ーー任天堂DSなど利用
3.成績上位者を引き上げるーーミニ先生を増やす
4.50分授業を45分にする。ーーモジュール時間で反復する
5.地域社会の合意。ーー勉強することの価値観を共有する(コミュニテイースクー  ルなど)
●学んでいる大人の姿が大事である。
  杉並区の土曜寺子屋卒業生、大学生  (高校生)、地域の人、父兄などが先生  になる。
  秋田では、中学校と高校が連携。
●学校を核に、地域社会を構築する。

などなど、たっぷり1時間半に亘り、教育改革実践者として熱弁を振るわれた。
受講者の私たちも、ブレンストーミングをさせられ、大変刺激的であり、頭が固くなっていることを再認識させられた。
 今後の教育行政に大いに生かしていきたいと思います。

 
Copyright(c) 2013-2017 渥美泰一 All Rights Reserved.